<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

食事介助に何が起きているのか【嚥下編】

介助編の最初に挙げるのは「食事介助」です。

最近のある講話を聴くと、施設利用者の一番の楽しみは「食事」だそうです。

その楽しみをできるだけ本当に楽しんでもらうために我々介護士は「食事介助」をします。


3-06.gif


食事介助で一番気をつけないといけないのが「誤嚥」です。

専門用語で「嚥下」という言い方がありますが、これは「飲み込む力」ということです。
「誤嚥」というのは、うまく食べ物を飲み込めずつまらせたり、肺炎を起こしたりする危険のことです。

実際自分も、肺炎までいきませんでしたが、介助中に利用者の方が激しくムセて、
「このまま死んでしまうのか」と思ってしまうくらい苦しませてしまったことが一回だけありました。

認知症の方も多いので本当に食事を楽しんでいるかよくわからない時もあります。

完璧な介助は存在しないまでも、利用者の方が
「美味しいものを食べられて幸せ」
「生きててよかった」

などの言葉を自然と発して頂けるように、一つ一つの介助を頑張っていきたいものです。
関連記事

| 食事介助 | 00時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://kaigoshi2011life.blog.fc2.com/tb.php/13-f3cc5969

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。